tel

075-253-6848

受付:10時~18時

PRIVACY

プライバシーポリシー・勧誘方針

ホーム

プライバシーポリシー・勧誘方針

プライバシーポリシー

勧誘方針

反社会的勢力に関する方針

個人情報保護に関する基本方針
​​​​​​​【プライバシーポリシー】

株式会社京都インシュアランス・FPOfficeON&OFF(以下 当社といいます)は、個人情報保護の重要性に鑑み、また保険業に対するお客さまの信頼をより向上させるため、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(番号法)、その他の関係法令、関係官庁からのガイドライン、特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドラインなどを遵守して、個人情報を厳正・適切に取り扱うとともに、安全管理について適切な措置を講じます。
当社は、個人情報の取扱いが適正に行われるように、従業員への教育・指導を徹底し、適正な取扱いが行われるよう取り組んでまいります。
また、個人情報の取扱いに関する苦情・ご相談に迅速に対応し、当社の個人情報の取扱いおよび安全管理に係る適切な措置については、適宜見直し、改善いたします。

1.個人情報の取得・利用

 当社は、業務上必要な範囲内で、かつ、適法で公正な手段により個人情報を取得・利用します。
 (下記6.の個人番号および特定個人情報を除きます。)

2.個人情報の利用目的

当社は、保険会社から保険募集業務の委託をうけて、取得した個人情報 (個人番号および特定個人情報については、下記6.をご覧ください。)を当該業務の遂行に必要な範囲内で利用します。
 当社は複数の保険会社と取引があり、取得した個人情報を取引のある保険会社の商品・サービスをご提案するために利用させていただくことがあります。
当社における具体的な個人情報の利用目的は次のとおりであり、それら以外の他の目的に利用することはありません。
当社が取り扱う損害保険、生命保険(FP業務の遂行)およびこれらに付帯・関連するサービスの提供
上記の利用目的の変更は、相当の関連性を有すると合理的に認められている範囲にて行い、変更する場合には、その内容をご本人に対し、原則として書面(電磁的記録を含む。以下同じ。)などにより通知し、または当社のホームページ( https://www.kyoto-insurance.com )などにより公表します。
当社に対し保険業務の委託を行う保険会社の利用目的は、保険会社のホームページ(下記)に記載してあります。

≪損害保険会社≫
■ AIG損害保険(株)(http://www.aig.co.jp/)
■ セコム損害保険(株) (http://www.secom-sonpo.co.jp/)
■ ソニー損害保険(株) (http://www.sonysonpo.co.jp/kyoto/)
■ 損害保険ジャパン(株) (http://www.sjnk.co.jp/)
■ 東京海上日動火災保険(株) (http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/)
■ 三井住友海上保険(株) (http://www.ms-ins.com)

≪ 生命保険会社 ≫
● アフラック (http://www.aflac.co.jp/)
● アクサ生命保険(株) (http://www.axa.co.jp/life/)
● FWD生命保険(株) (http://www.fwdlife.co.jp/)
● オリックス生命保険(株) (http://www.orixlife.co.jp/)
● ソニー生命保険(株) (http://www.sonylife.co.jp)
● 大同生命保険(株) (http://www.daido-life.co.jp/)
​​​​​​​
≪ 少額短期保険 ≫
◆ ぜんち共済(株) (http://www.z-kyosai.com/)

3.個人データの安全管理措置

当社は、取り扱う個人データ(下記6.の個人番号および特定個人情報を含みます。)の漏えい、滅失または毀損の防止、その他個人データの安全管理のため、安全管理に関する取扱規程などの整備および実施体制の整備など、十分なセキュリティ対策を講じるとともに、利用目的の達成に必要とされる正確性・最新性を確保するための適切な措置を講じ、万が一、問題等が発生した場合は、速やかに適当な是正対策を行います。
当社は、個人データの安全管理措置に関する社内規程を別途定めており、その具体的内容は主として以下のとおりです。安全管理措置に関するご質問については、下記8.のお問い合わせ窓口までお寄せください。
(1)基本方針の整備
個人データの適正な取扱いの確保のため、「関係法令・ガイドライン等の遵守」、「安全管理措置に関する事項」、「質問および苦情処理の窓口」等について本基本方針を策定し、必要に応じて見直しています。
(2)個人データの安全管理に係る取扱規程の整備
取得、利用、保存、提供、削除・廃棄等の段階ごとに、取扱方法、責任者・担当者およびその任務等についての規程を整備し、必要に応じて見直しています。
(3)組織的安全管理措置
・個人データの管理責任者等の設置
・就業規則等における安全管理措置の整備
・個人データの安全管理に係る取扱規程に従った運用
・個人データの取扱状況を確認できる手段の整備
・個人データの取扱状況の点検及び監査体制の整備と実施
・漏えい等事案に対応する体制の整備
(4)人的安全管理措置
・従業者との個人データの非開示契約等の締結
・従業者の役割・責任等の明確化
・従業者への安全管理措置の周知徹底、教育及び訓練
・従業者による個人データ管理手続の遵守状況の確認
(5)物理的安全管理措置
・個人データの取扱区域等の管理
・機器及び電子媒体等の盗難等の防止
・電子媒体等を持ち運ぶ場合の漏えい等の防止
・個人データの削除及び機器、電子媒体等の廃棄
(6)技術的安全管理措置
・個人データの利用者の識別及び認証
・個人データの管理区分の設定及びアクセス制御
・個人データへのアクセス権限の管理
・個人データの漏えい・毀損等防止策
・個人データへのアクセスの記録及び分析
・個人データを取り扱う情報システムの稼動状況の記録及び分析
・個人データを取り扱う情報システムの監視及び監査
(7)委託先の監督
個人データの取扱いを委託する場合には、個人データを適正に取り扱っている者を選定し、
委託先における安全管理措置の実施を確保するため、外部委託に係る取扱規程を整備し、定期的に見直しています。
(8)外的環境の把握
個人データを取り扱う国における個人情報の保護に関する制度を把握した上で安全管理措置を実施しています。

4.個人データの第三者への提供および第三者からの取得

(1)当社は、次の場合を除き、あらかじめご本人の同意なく第三者に個人データ(個人番号および特定個人情報については、下記6.をご覧ください。)を提供しません。
①法令に基づく場合
②人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である
とき。
③公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
④国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
⑤当該第三者が学術研究機関等である場合であって、当該第三者が当該個人データを学術研究目的で取り扱う必要があるとき
(当該個人データを取り扱う目的の一部が学術研究目的である場合を含み、個人の権利利益を不当に侵害するおそれがある場合を除く。)。
(2)個人データを第三者に提供したとき、あるいは第三者から取得したとき (個人関連情報を個人
データとして取得する場合を含みます。)、提供・取得経緯等の確認を行うとともに、提供先・提供者の氏名等、法令で定める事項を記録し、保管します。

5.センシティブ情報の取扱い

当社は、要配慮個人情報(人種、信条、社会的身分、病歴、前科・前歴、犯罪被害情報などをいいます
ならびに労働組合への加盟、門地および本籍地、保健医療および性生活に関する個人情報(センシィテブ情報)
については、次の場合を除き、原則として取得、利用または第三者提供を行いません。
(1)法令等に基づく場合
(2)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合
(3)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のため特に必要がある場合
(4)国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して
協力する必要がある場合
(5)保険料収納事務等の遂行上必要な範囲において、政治・宗教等の団体若しくは労働組合へ所属若しく
は加盟に関する従業員等のセンシティブ情報を取得、利用又は第三者提供する場合
(6)相続手続を伴う保険金支払事務等の遂行に必要な限りにおいて、センシティブ情報を取得、利用又は第
三者提供する場合
(7)保険業の適切な業務運営を確保する必要性から、本人の同意に基づき業務遂行上必要な範囲でセンシ
ティブ情報を取得、利用又は第三者提供する場合

6.個人番号および特定個人情報の取扱い

 当社は、個人番号および特定個人情報について、法令で限定的に明記された目的以外のために取得・利用し
ません。番号法で限定的に明示された場合を除き、個人番号および特定個人情報を第三者に提供しません。

7.個人情報保護法に基づき保有個人データの開示、訂正、利用停止など

個人情報保護法に基づく保有個人データ(上記6.の個人番号および特定個人情報を含みます。)に関する開
示(確認・記録の開示を含む)、訂正または利用停止などに関するご請求については、データの保有者である保険会社に対してお取次ぎいたします。

8.お問い合わせ先

ご連絡先は下記のお問い合わせ窓口となります。また保険事故に関する照会については、下記お問い合わせ窓口のほか、保険証券記載の保険会社の事故相談窓口にもお問い合わせいただくことができます。
なお、ご照会者がご本人であることをご確認させていただいたうえで、ご対応させていただきますので、あらかじめご了承願います。

 <代理店名> 株式会社 京都インシュアランス

 <所在地> 京都市中京区蛸薬師通高倉西入泉正寺町334 日昇ビル2F京都フィナンシャルパークス内

 <代表者氏名> 代表取締役 竹村泰造

<電話番号>

075-253-6848

 <受付時間> 午前10時 ~ 午後5時

 <ホームページ> https://kyoto-insurance.com

 ※当社からのEメール、ダイレクトメール等による新商品・サービスのご案内について、ご希望されない場合は
上記のお問い合わせ先までお申し出ください。

勧誘方針

当社は、「金融商品の販売等に関する法律」に基づき、当社の勧誘方針を次のとおり定め、適正な金融商品の販売活動に努めます。

1.法令等を遵守し、適切な勧誘を行います。

・保険業法、金融商品の販売等に関する法律、消費者契約法、個人情報の保護に関する法律およびその他の関係法令等を遵守します。
・お客さまへの勧誘を適切に行うために必要な社内の管理態勢を整備するとともに、役員および従業員に対して十分な コンプライアンス教育を行います。
・お客さまに関する情報は、当社社で定めたプライバシーポリシーに則り、適切な管理・取扱いを行います。

2.お客さまのご意向と実情に応じた勧誘に努めます。

・お客さまの保険商品・サービス等に関する知識、経験、財産の状況および加入目的等を十分に勘案しお客さまのご意向や実情に沿った適切な保険商品・サービス等をご選択いただけるよう努めます。
・保険商品・サービス等のご説明にあたり、お客様と直接対面しない保険商品販売を行う場合も含め、説明内容等を工夫し、お客さまに商品内容を十分ご理解いただけるよう努めます。
・お客さまのご迷惑とならない時間帯・場所・方法により、適切に保険商品・サービス等のご案内を行うよう努めます。
・保険金等の不正取得を防止する観点から、適切な保険商品販売を行うよう努めます。

3.お客さまにご満足いただけるサービスの提供に努めます。

・お客さまからのお問い合わせには、迅速、的確、丁寧に対応するよう努めます。
・保険事故が発生した場合は、保険金等のお支払いについて迅速かつ適切に処理するよう努めます。
・お客さまの様々なご意見等を収集し、その後の保険商品販売に反映するよう努めます。

4.推奨理由

・生命保険の保険商品
弊社独自の商品選定基準に基づき、保険商品の独自性、保険会社の健全性、保険会社のサービス内容等を考慮の上、推奨商品をあらかじめ選定し、その推奨商品の中からお客さまのご意向に沿った保険商品をご提案させていただいております。
・損害保険の保険商品
弊社は実績と事務の精通度を総合的に勘案したAIG商品をお客様に推奨させて頂いております。

お問い合わせ・募集代理店

株式会社京都インシュアランス

〒604-8141

京都市中京区蛸薬師通高倉西入泉正寺町334 日昇ビル2階 京都フィナンシャルパークス内

TEL:

075-253-6848

反社会的勢力に関する方針

1.定義

下記に該当する集団または個人を反社会的勢力等と定義する。
​​​​​​​
(1)暴力団、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治運動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団等の「暴力、傷害、脅迫、恐喝、威圧等の暴力を用いて不当な要求行為を行う集団または個人」
(2)前項以外で、「暴力、傷害、脅迫、恐喝、威圧等の暴力を用いて不当な要求行為を行う集団または個人」

2.対応方針

(1)取引を含めた一切の関係遮断
(2)組織としての対応
(3)裏取引や資金提供の禁止
(4)外部専門機関との連携
(5)有事における民事および刑事の法的対応

3.対応方法

(1)反社会的勢力より申出を受けた場合、専用台帳に記入し反社会的勢力への対応
責任者に専用シートにて報告を行う。
(2)反社会的勢力への対応責任者または対応責任者より支持を受けた者は、取引のある
全保険会社に報告を行う。各保険会社への報告は、各保険会社のルールに則るものとし、具体的な報告方法は発生の都度、各保険会社の担当者に確認する。

4.申出受付け内容の保管

当社で受付けた反社会的勢力からの申出は、関連する資料と共に1年間キャビネットに保管する。
策定 平成24年11月30日
制定 平成24年11月30日